広告

何故か2種類あるドン・キホーテのクレジットカード

ドン・キホーテの電子マネーであるmajica(マジカ)ですが、
当初はクレジットチャージが不能で、現金のチャージのみでした。

ところがいつの間にかクレジットチャージができるようになっていました。

どういうわけか2種類・・・。

 

Club Donpen card(クラブドンペンカード)

  • 初年度年会費無料
  • 次年度より本人カードは1,000円(税抜)、家族カードは1枚につき300円(税抜)の年会費
  • 本人カード、家族カード含め年間の利用額が50,000円(税込)を超える場合、翌年の年会費が無料になる
  • 貯まるポイントはわくわくポイント
  • 200 円(税込)ごとに 1 ポイント
  • ドン・キホーテグループでの利用に限り 200 円(税込)ごとに 2 ポイント
  • ポイントはホームページ・電話にて 1,000 ポイントでドン・キホーテグループ共通ギフトカード 1,000 円分と交換
  • 交換申し込みから約3週間前後かかる

次年度の年会費を無料にするためには5万円も使わなければなりません。
ドンキ以外の利用では還元が0.5%と低いため、メインカードとしての利用も考えづらいです。
また、貯まるポイントも「わくわくポイント」と昔ながらのクレジットポイントで、
自動で支払いに充当することもできず、
申込みをしてギフトカードに交換しないと使うことができません。
しかもVJAやJCBのような一般的なものではなくドンキグループ独自のギフトカードです。
また、1000ポイント単位でしか交換できないなど、いまどき使い勝手が悪すぎ、
わざわざこのカードを作る必要はないといえます。

 

majica dopnen card(マジカドンペンカード)

  • 初年度年会費無料
  • 次年度より本人会員様1,000円(税抜)
  • カードショッピング年間1回以上利用で次年会費無料
  • 貯まるポイントはマジカポイント
  • スマホ・PCからのチャージで1.5%
  • 買い物のクレジット払いだと0.5%

クラブドンペンカードに比べればかなりマシです。
ポイントはmajicaポイントなので、使い勝手が良さそうです。
チャージ時に1.5%つくようで、なかなかではあります。
ところが一般の利用では0.5%と低いため、やはりメインカードとしては物足りません。
ただ、どちらかと言うのなら、マジカドンペンカードのほうが良いといえますね。

 

結論:どっちも作らなくていいよ

どちらのカードも年会費無料にするには条件が必要です。
マジカドンペンカードは1回使えばいいのでハードルは低いですが、
そもそも、LinePayカードなら2%還元なので、
1.5%のマジカポイントのためにこのカードを作る意味は無いでしょう。
一般の利用での還元が0.5%なのが痛いです。
LinePayカードは使えないことが多いのですが、
代わりにYJカード・楽天カードをつかっても1%還元です。

というわけで、
majicaクレジットチャージはできるようにはなったけど、
わざわざチャージする意味は無いと思う、というお話でした。

では~・・・

雑記

Posted by mlin