広告

鼻血を止める方法

2017年6月17日

Welqの問題などがあって、医療的なことを書くと色々うるさい昨今です。

私は鼻血が出やすい体質(粘膜が弱い?)なのですが、
世の中に出回っている鼻血を止める方法が殆ど役に立たず、
とうとう見つけた方法がとても良かったのでシェアしたいと思います。

もちろん自分なりにいい方法があればそちらをやっていただくのが良いと思います。

それに鼻血は何かの病気のサインであることもあるようなので、
とりあえずの止血ができたのなら、病院にかかることをオススメいたします。

といったところで、私の方法です。

ダメだった方法

楽な姿勢で座り、小鼻をおさえるだけ。
→ まったく止まりませんでした。
止まらないどころか、押さえていてもそれぐらいでは血をせき止める事はできないので、
ぼたぼたたれてきてしまってキリがない感じでした。
フジテレビで紹介されていた方法ですが、医者がドヤ顔で説明していました。

目頭のところをきゅっとつまむ
→ まったく意味不明でした。

 

鼻血止血法真打ち

どのような方法か簡単にいってしまうと、
「鼻に詰めるティッシュにハンドクリームを塗る」
です。

結局鼻血を止めるのは圧迫が最もポピュラーで確実なのですが、
ティッシュを取ったときに再び出血してしまいます。
と言うのもティッシュと一緒にかさぶたが取れてしまうからです。

ハンドクリームはこの時の潤滑油の働きをします。

鼻への挿入時も割とキツめにティッシュを丸めます。
その時も、クリームが塗ってあるせいで入りやすくなります。

更にハンドクリームはもう一つの利点があります。
ハンドクリームのもう一つの働きは止血そのものを促すことです。
クリームがある程度傷を塞いでくれるのでどんどん血が流れてくるのを防ぐ効能があります。

ボクシングでも一時的に止血するのにワセリンを使いますよね。あれと同じです。
この方法を知らない以前は、
ティッシュを詰めてもあっという間に赤く染まり、そこから血が垂れる・・・
ということもあり、結局、横になって血を逆流させるしかありませんでした。
本当に楽になりました。
この方法を知ってから不安感がなくなったのか、鼻血が出てしまう頻度も激減しています。

 

具体的な手順

1枚のティッシュをきれいに丸め作り方を予習しておきます(自分の鼻の穴にかんたんには入らない大きさ)
ティッシュを何回折ってから丸めると丁度いいのか事前に調べておくのです。

鼻血が出たら

  1. クリームを塗って鼻に入れる
  2. できれば30分は外さない

これだけです。
クリームはハンドクリームならなんでも良いと思いますが、
ワセリンのような固いものならより良いと思います。

 

ほんとにオススメ!

鼻血が出やすくて困っている方にはぜひやってみてほしいです。
病院でも教えてくれない方法(というか知らないと思う・・・)です。

あとはマスクがあれば、外でも安心です!