広告

Webコンテンツのターゲティング

あまり好きな言葉ではないですけど、「ターゲットを決めろ」ってことなんですよね。

 

課金コンテンツの話

以前携帯の課金コンテンツの話がありましたが、
そもそも、課金コンテンツが当たり前になる前は

「Youtubeで無料で音楽が聞けてしまうのに売れるわけがない」
「画像検索でいくらでも画像が手に入ってしまうのだからデコメなんて売れないだろう」

とか言われていたみたいです。
でもどうやら、課金する人はいっぱいいて、
どうやらIT業界から少し逸れた職業の人たちだったらしいのです。

どうも、このときはここを狙ったわけではなく、
はじめは「なんで売れるのかよくわかんない」という状態だったそうですよ。

このように、成熟していない段階では「なんとなく」でうまくいく場合があります。

 

ネット界は成熟したのか

近頃とつぜんYoutuberたちから悲鳴が上がりましたね。
急激に単価が下がったとか。
広告の効果が下がったからなのでしょうか。
それもあると思います。
が、私はアドブロックの影響が大きくなってきたのではと思っています。
私はどちらかと言えば、広告で稼げることが良いことだ、と考えているので、
そういうものがあるのは知っていましたが、利用していませんでした。
ところが、あまりにも不快な広告が連発されたりしたため、ついに導入しました。
広告の内容だけではなく、差し込み方がエグい動画もあります。
Youtubeのコメント欄には「アドブロックは当たり前」、みたいな声もあり
かなり浸透し始めていると考えられます。
その結果、再生数は以前のままなのに、報酬が激減、ということが起こっているのではないでしょうか。
ネットのユーザーが成熟し始めている、と思います。

ちなみに、グーグルは広告を掲載しているコンテンツには結構厳しいですが、広告内容には結構甘いです。
とても怪しげな内容のものもあります。広告への通報システムはないですしね。

 

全員が成熟などありえない

ところが、みんながみんなコンピューターに詳しくなったかというとそうではありません。
パソコンは使ったことがなくて、端末はスマホのみ、なんていうユーザーも増えているようです。
スマホは「なんでもできるようで、なんでもできるわけではない」端末ですので、
件のアドブロックにしてもパソコンほど手軽に利用できるわけではありません。

ネットが稼げなくなったのではなく、
ネット会のあるジャンルにいる人たちはガードが固くなり、
そもそも、今まで多くの収益が期待できた層だった(ヘビーユーザーだから)、
ということだと思います。

 

例えばどんなサイトが良いのかという話

こりゃわかりません 笑

でも、結局はコンセプトじゃん、って話で「誰に?」って話ですよ。
その「誰に」が広告に詳しくない人だと100点ですね。

わからないと書きましたが、これ行けるんじゃないか、というストックを
掘り下げてみようと思います。