広告

windows100%が終わった

2017年6月24日

Windows100%という雑誌を知っているだろうか。
20年間も続いていたパソコン雑誌なのですが、この6月で最終号となってしまったようです。
ずっと買っていなかったのですが、最後ということでツタヤまで行って買ってきました。

Amazonでは既に買えなくなっていて、売れ行きは好調のようです。
ちなみにマーケットプレース価格は1220円でちょっぴりプレミア価格になっています^^;

 

Windows100%の思い出

実は昔結構買っていました。
会社の帰りにゲームセンターと本屋がくっついたお店で買っていました。
ゲームセンターと本屋がくっついているなんて、私にとってパラダイスでしたが、
つい最近通ったら建物そのものがごっそりなくなっておりポツンとセブンイレブンが建っていました。雑誌そのものではなく、売っていたお店までなくなってしまうとは!
この雑誌、
アングラな雑誌ではあったけど、結構パソコン雑誌の目立つところにずっと置いてありました。
ネットランナーは1回しか買ったことありませんでしたが、
あちらは廃刊に追い込まれたんですよね。
それを思うとWindows100%はそうならずに20年も持ったことになります。スゴイですね。

全然知らなかったけど、創刊は1996年だそうです。
私が98NXを買ったのが98年だったので、
少なくともその後が創刊だと思い込んでいました。違ったのね。

姉妹雑誌(と言うか、正直何が違うのかわからない時期もあった)のiP!の方は創刊が1999年で創刊号を買った覚えがあります。
多分買ってるんだと思うけど、一時期に大量に捨てたので覚えてません 汗

 

”情報はネットから得るのが一番”の斜め上を行く

新聞はもう要らないと言われて久しいです。
確かに新聞はニュースサイトが充実してしまっているので不要だと思います。
でも「情報」は、意外と検索能力が物を言うので、そうとも言えないです。
Windows100%には、「ああ、こんなことが?!」という発見がわりとありました。
結局はネットに載っていることでしたが、キュレーション力がありました。

 

時代はますますいい子ちゃん化?

こういう雑誌がなくなって、ますます偽善的になっていきそうで嫌ですね。
私がなんとなくファイルローグをやってみたのはPCJapanの記事からでしたが、
なかなか忘れがたい楽しいコミュニケーションもあったりしました。
きれいな世界ばかりを紹介されても、つまらなくなってしまいそうな気もします・・・。

 

”それではまたどこかで。”にざわつく

最終号の雑誌の決まり文句ではありますが、
「それではまたどこかで」
で終わっています。

やっぱりちょっとぐっと来ますね。

おわり、と言うのはやっぱりあまり好きではありません。
こころがざわざわします。

きっとで時々特別号を出してくれるような気もしていますが・・・。

iP!があるから、もうないかな・・・?

雑記

Posted by mlin