広告

クレジットカードの解約を頑なに拒むひと

ふとスマホの何かの通知で心屋仁之助さんのブログの更新通知が着ていました。
ちょっと面白そうだったので開くと

世の中は、罪悪感のある人が、罪悪感のない人を責める。そんな仕組みになっている。
罪悪感の多い人はいろんなことを我慢している。
だから自由にしている人に腹が立つ。

こんな感じだった。

自分もそうなのかな、ちょっと思った。

お金がないのは悪いこと。お金が無くなるようなことをすることは悪いこと。
だからまったく気をつけていない(ように見えない)母に腹が立って仕方ない。

ということなのだろうか。

カードの解約をしたくないんだって

母はカードの使い方が荒く、一度カード破産してる。
またまたそうなりそうだったので、今はカードを取り上げてる。
すべて弁済した直後にまた手を出したからだ。
方方に電話したり、大金を直接振り込んだり、色々大変だったことを目の前で見ていたはずなのに、
この苦労を見せたのだから裏切らないだろうとカードをもたせたままだった。甘かった。
実はこのときに、全部解約させたほうがいいと姉が言ったのだけど、
保険を払っている、という今考えればよくわからない理由で解約をさせなかった。
MIカードは手数料が2160円もかかるが、その保険の支払いが1年で4万ぐらいになっており、とんとんになっているように見えました。
ところが、その保険を別会社に切り替えたことによってカード払いができなくなりました。通帳引き落としだけのそうです。
このままだと単に1年に一回2160円を引き落とすだけのもの、になってしまっています。
世の中には年会費のかかるカードを放置して年会費だけ払っている人が結構いるそうです。

ところがこの件を母に話すと予想外の答えが。
「ポイントが1000円溜まってるから、あと1000円払えばいいね」

・・・はぁ??

いやいや、ちがうだろーーー笑
カードは使わせないのですから、継続の意味がありません。
ポイントはもったいなくはありますが、使わないカードの継続に1000円払うなんて馬鹿げています。
もうカードを返すつもりはないし、年会費をひかれるだけだから解約した方がいいよ、
と言うと「いやだ。何もかもあんたたちに決められる!」と逆ギレです。

ちなみに・・・
あと1000円払えばと言っている件です。これもそもそも不可です。
以前はMIカードはポイント券と言うものに交換ができたそうです。
で、そのポイント券をカードに入金できたのです。ですから、以前なら、プラス1000円で、ということになるでしょう・・・。
しかし、このポイント券制度は2016/4にて終了しています。

私の罪悪感が母を批判するのか

伊勢丹で買い物をするならMIカードがお得です。
が・・・年会費が2160円もかかるので、最低でも42000円買わないともとは取れません。
むしろ元を取るように無駄遣いを促進させるような仕組みです。
母の経済状態では毎年4万も何かを買うというのは遠慮してもらいたいところです。しかもそれでトントンですから8万16万と使っていかないと得はしません。

そもそもそういう荒い買い物が破綻を呼んでいるので、カードは使ってはいけない、ということになるのですが。
1年というのはすぐ終わります。よほど近所に伊勢丹があって入り浸る人じゃないと厳しいんじゃないでしょうかね。
私の腹立ちは、「お金を使いすぎてなくなって、他人に迷惑をかけること」です。
自販機のジュースを買うのも我慢している人の財布に手を突っ込むことは悪いことだと思うのですが。。。