広告

ある程度の長さの記事の書き方

このブログをはじめるにあたって、1記事の長さを700文字以上と決めてスタートしています。
やっていくうちに700文字を超えるとほっとするようになってきました。
逆には300文字くらいで手が止まることがあります。そういうときは絶望です。

ネタはたくさん溜まっていく

意外とネタが尽きるということはなかったのですが、
どのネタも書きたくない・・・と思ってしまうときは結構あるものですね。
鉄は熱いうちに打て、というわけで、ネタは思いついたときにある程度書いてしまっておいたほうが良さそうです。体裁を整えると大変なので、下書きレベルでは、フレーズだけにしています。
あと一番多いのは、あっという間にそのテーマで書くことがなくなってしまうことですね。無理やり前置きを伸ばす方法もありますが、そういうことをやっている人がたまにいて、あんまり好きじゃないので、やりたくないです。

こうやってミニタイトルを付けてみるのが最近のトレンド

先にこうやって記事中の段落タイトルを付けてから書き始めると意外と掛けたりします。でも、段落わけが細かすぎると無理矢理感が出るので、要注意ですかね。
それと、こういうミニタイトル?的な書き方ってはてブからなのですかね?
昔はあまり見ませんでしたが、たしかにちょっと良い書き方のような気がします。ダーッと長い文章のほうがSEO的にはいいのかもしれませんが、長すぎて読みたくなくなることもありますしね。

逆に書きたいことが噴出してやたら長くなることも

気がつくと2000文字?!見たいこともあります。
こういうときは記事を分けます。
こういうときは記事中に記事間で相互リンクを貼っておいたほうがいいでしょうね。
こういうのを自動でリンクを張ってくれるプラグイン的なものがありそうですが、無いかな・・・?

人の書き方を真似してみる?

文章の書き方は、結構誰かを真似ちゃってる部分はあるような気がします。
特に終わり方とか難しいですよね。
終わり方はほんとに難しいです。

有名所では「じゃあの」ですかね 古い? 笑
こういうキメのフレーズを作るとらくかもしれませんね。

プログラマのコメント的に、

## ここまで ##

みたいのもありかもしれません^^