広告

過払い請求でまずやること

過払い請求ってなんだろ?と思ったらアディーレに・・・電話したら駄目です 爆

過払い請求は弁護士にとっておいしい仕事

過払い請求は弁護士にとっておいしい仕事なんです。何故かと言うと既に提出する書類も、集める書類も定形になっており、マニュアル仕事だからです。

CMでは「200万も帰ってきた~」なんてのんきに言っていますが、
弁護士報酬は最低でも2割に及びますので、40~50万は報酬を抜かれているということになリます。

既に書きましたけど、既に定形仕事ですので、よほど相手が悪い(既に廃業してるとか)場合を除いて自分でやれば満額帰ってきます。

情報収集

とにかくネットで検索・・・なのですが、
近頃は広告がやたら増えていて、「自分でやったら取り返せないんじゃ・・・」と思ってしまう物が増えています。
具体的に「イオン 過払い請求」「セゾン 過払い請求」と検索しても、なかなか厳しいことが書いてあったりします。

でも、これも、よくよく見ると分かるのですが、記事はまったく同じで会社名だけを差し替えていたりするのです。
広告は「匂い」がありますので、ちょっと調べれば広告なのか、体験談なのか、詳しい人の話なのかわかってくると思います。

取引履歴を送ってもらう

ある程度情報収集が済んだら、実際に電話をして取引履歴を送ってもらいます。
費用がかかるんじゃ・・・と思うと思いますが、まちまちです。

実はイオンは無料でした。セゾンは直近2年は無料。それ以上は392円かかります。書留料金ですが、普通郵便で送ってくれない以上、イオンは無料で送ってくれる以上、セゾンは有料ということになります。

しかしながら・・・引き伸ばし作戦なのか何なのか、必ず言われることがあります。

「約2ヶ月かかる」

はっきり言ってデータベースから出力するだけなので、直ぐにできると思うのですが、こう言われます。

切羽詰まっている場合は時効の援用をした方がいいかもしれません。

 

続きます。