広告

オトナ高校 第3話 – 思い出は”コンパスで刺されてた”・・・笑

いやあ、安定の面白さ!オトナ高校です。
相変わらず講師たちの高飛車な感じがイマイチな感じがしてるんですが、
生徒たちにはだんだん一体感がでてきていい感じ 笑
今回は昔の同級生・中山遥香(松井玲奈)が出てくるんだけど、その思い出が「いつもコンパスで刺されてた」って、どんな思い出やねん!!いつもながら小ネタが面白い 笑 面白すぎ!

どすこいくん・・・笑

前回、運動ができない事を視聴者カムアウト(なにそれ 笑)していましたが、
どうやら幼い頃は肥満児だったようですね。荒川英人(三浦春馬)はどんどん人間臭さがでてきています。
予告編でどうせある程度わかってると思うので書いちゃおう。
中山遥香(松井玲奈)が過去の同級生として出てくるんだけど、なんとか付き合えそうになったときに、
”ありのままに本当の自分をぶっちゃける作戦”にて「童貞なんだー」って言います。そこがクライマックスです。
ところが割りとここが重要になってると思いましたよ。
なにせ、「なんで童貞なのか」を意外とちゃんと分析しているのですよ。彼は。
でもね、ホントこういうことだと思うんだよ。

「中学・高校と男子校で女子に縁がなくて、東大に入っても東京に馴染めなくて勉強ばかりで・・・」

なかなか胸を打つ演説でした。ほんとにそういうことだよな・・・。

でも、ここで卑弥呼に潰されてしまう。
どうやら、他人の足を引っ張るのが彼女の生業のようで・・・。

でもー!あの彼女はひどい。熱弁より、誰からかわからないメールを信じるなんてね。

まとめ

なんとなく、よく考えてみると、どっちかというと男陣より女陣のほうが好きようがないような気がしませんかね?

園部真希(黒木メイサ)は痛すぎるし、卑弥呼は性格が悪すぎる。
どっちも性格はもう変わらなそうで、ゾッとするよ・・・。

逆に男陣はこれからいくらでも変わっていけるようなきがするし、変わろうと努力してるよね。

ただし・・・!権田勘助(高橋克実)のモテモテ具合がよくわからないのが玉に瑕だ。
いや高橋克実さんは魅力的ですよ。でも、この立場の役柄としては・・・?

そうそう1話めのパーフェクトくんがどうして卒業できたのかは説明不足だよね。
ネタとしてはあるあるだけど。後日談が出てくると面白んだけどな。