広告

先に生まれただけの僕 第1話 – 櫻井翔さんに期待

櫻井翔さんと言えば、少し前だけど家族ゲームが思い出されます。
かなり評価が高かったですよね。本来の家族ゲームとは随分違った内容で、はじめはどうかな?という意見もあったものの、脚本だけではなく櫻井さんもかなり良かったです。まだ見ていない人はなんとかしてみてほしい作品です。

所感

私立高校の親会社からのテコ入れ?のお話です。たま~にあるネタですよね。
それで送り込まれたのが鳴海涼介(櫻井翔さん)というわけですね。若い校長先生、というわけですね。
割りと生徒にはウケが良いようですが、思った通り、教師との間には軋轢が。
こんな所。

感想

「先に生まれただけの僕」という題名に象徴される事件はまだ起きませんでした。
櫻井さんはさすが。引き込むような演技をしますね。そのおかげで最後まで見れましたが、正直それほど面白い内容でもなかったかも。
ただ、最後の奨学金=(イコール)借金、の話は重かったです。
実は私も奨学金ではないですが200万の借金をしました。早く返したかったので毎月5万円の返済をしました。給料は良かったわけではなかったので、けっこう大変でした。でも、今は600万とか800万とかそういう金額を借りるそうですね。これはとんでもないですね。せめて複利計算で返し終わるまでに利息がいくらになるか計算してみるのも必要ですよね。でもそういうことも、ぬくぬく暮らしていると気が付かないのかもしれませんね。
なかなか鳴海涼介校長(櫻井翔さん)の話はなかなか熱かったです。
しかし、しかししかし、まさかの・・・!それを聞いていた生徒との友情が深まるかと思いきや!!
まさかの逃亡! 笑 敵前逃亡!

まあ、そうですよね。ほんとうに最近のオトナは恐ろしい社会の話ばかりしますから。本当に地獄のような話でした。鉛の鎧を被せられるような感じですかね?上手く例えられないけど 汗

最後何のために招集したのかわかりませんでしたね。話は熱かったですけど、奨学金の話で鳴海校長は教師たちに何を話したかったのか?わかりませんでした。

そこが妙に引っかかっちゃいました 笑
生徒が走って逃げてったのは笑いましたけどね 笑