広告

ウツボカズラの夢とわにとかげぎすの最終回と奥様は、取扱い注意の1話を見た

2017年10月26日

ドラマ改編の時期ですね。
2017年の夏は結構たくさんドラマを見ました。
わりかしお気に入りだったのがこの2つ、ウツボカズラの夢とわにとかげぎす、でした。

ウツボカズラの夢最終回

ウツボカズラの正体がわかったところで終了、という感じでした。なるほどね。
予告編ではミフユが啖呵を切っていたので、逆ギレして終了かと思いましたが、計画通りに居座ることに成功しました。
啖呵の内容は確かに間違ったことは一つもありませんでしたね。ぬるい人たちは何もかも他人のせい。
みんな居場所をなんとかしようと必死なのかもしれません。
もちろんはじめから用意されている人もいます。そういう人は居場所がないことへの恐怖そのものがない。
私が好きなマリーアントワネットの例えですかね。パンがなければケーキを・・・。選択肢がいくつもあって選べるというのはどれだけ贅沢なことか。
非常に面白いドラマでした。ただ疲れた・・・。もう一度見たいとは思わないかな。

わにとかげぎすの最終回

まったく期待しないで見始めたけど、いやあ、面白かった。
有田さんが出てるから、ぬるい話かと思ったら、結構過激な展開でした。
何度か人が死ぬし。。。意外と身近な人が。。。
一番心に残ったのは、後輩が人を殺めようとする所。
「止めろ!」と止めますが、止められない。ドラマだとこういうのを止められるシーンばかりですが、実際には強い殺意は止められないのでしょうね。
割りとサスペンスでした。最後もドキドキしたけどあっさり終了。そこは残念。

あと、非リア充の富岡さん(有田)がめちゃ幸福になるところはちょっとつまらなかった。ここが一番非現実的だったなあ。
何も悪いことしてないのに、いいことが一つもない人生ってのは今時ありがちなので、そういう感じでも良かったかな、と。はっと目覚めたら、全部夢だったみたいな?それはそれでつまんないか・・・。

奥様は、取扱い注意の1話

いい意味でも、悪い意味でも、綾瀬はるかっぽい。
こんな感じのドラマが多いですね。
でも、流石に包丁で刺すのはやりすぎだったかも。
カメラ付きのぬいぐるみを置いてたって話でしたけど、あんなのうまく映るとは限らないし危ない賭けでしたね。。。
DVってしてる側が悪いのは間違いないのですけど、DVっていじめの一種だと思うのです。いじめって連鎖してるんですよ。ということは?あの旦那はどうしてああなったか?そのあたりが有耶無耶で暴力で解決ってのはなあ。

ところで、綾瀬はるかさんの旦那役の西島さんですけど、多分、同じような仕事してる人なんでしょ?って今から思ってます。たぶんね。ちがうかな?

10点満点で5点ぐらいかなあ。