広告

月に1万円を如何にノーリスクでP-Agentで稼いでいく計画

広告

P-Agentを始めてみて、ちょっと紹介してみたいなって思うようになりました。

ところが、これっていわゆる「ハイプ案件」なわけで

ハイプ(HYIP)とは、「High Yield Investment Program」の頭文字を取った略語。
高利回りの投資案件という意味。
2017年ころから暗号通貨のハイプ(HYIP)が流行り、
2019年にはプラストークンという案件だけで4,000億円の詐欺被害が!?

おおっぴらには紹介しにくいです。

いきなりサイトがクローズしたり、お金が引き出せなくなったり、

はたまた

「倒産しました」

とか言ってくる可能性もないこともないです。

そしたらお金は帰ってきません。

でも、魅力的ではあるんですよね…。

 

最大限に安全運用を考えてみる

そこで、どういうふうに安全性を保つか、っていうことを考えています。

一つの庵として浮上したやり方を説明します。

要はいかに種銭を稼ぎ、その後の引き出せない情況でも諦められるか、ってことです。

 

まずは種銭を稼いでしまう

P-Agentは稼ぐもととなる資金を投入せねばなりません。

単純に入れた金額を稼ぎたいのなら3ヶ月かかります。

稼げるお金は1日1%程なので。

3ヶ月先だとちょっとかかりすぎですね。

なので、初期投資の限界である15万をいきなり投入します。

これなら1日1500円ほど稼げます。

以前、最適なのは3万円ではないか?、と言う話をしました。

その種銭3万円を15日で稼ぐことが出来ます。

15日間はハラハラしますが、種銭を先に稼いでおいてスパッと引き上げるのです。

そうすればその3万円を失ってもある程度はあきらめも付くでしょう。

もちろん何も失わないのが最善ですが、ハイプをやるなら失うこと前提で物を考えねばいけません。

多額の種銭を引き出してしまうメリット

15万を入れて稼いでいくと、そこから3万に落とすのが惜しいと感じるかもしれません。

それに、振込手数料が無料なのは初回の1回だけです。

奈良限界まで稼ぎたい、と思うと思います。

しかしここが落とし穴です。

そうやってずっとためておくと、結局全部を失ってしまうじゃないですか。

はじめの段階で「引き出し手数料0」の特典は失ってしまって、

ガンガンこまめにおろしたほうが良いです。(1万以上~ですが)

5%と言う手数料はたしかに少なくありませんが、

逆に一律なので、

こまめにおろしても、ためてからおろしても、手数料の金額は変わりません。

1万円を10回おろしても、10万円を1回おろしても5千円ですね

初回無料は巧妙に仕掛けられた罠だとおもっています。

欲張らないのが肝心かも

種銭3万円で月に1万稼ぐだけ、

っていうふうに割り切れる人がハイプ案件ではとっても強いと思います。

というかハイプ案件で稼ぐという仕事は、

欲を出さない(出しすぎない)

っていう仕事なんだな、って感じます。

損をできるだけ抑える、けど、やる。みたいなw

 

明日はもう少しきっちりと行動計画を作ってみようかなと思います。

 

 

いつものご紹介…

QRコードで読み取ると簡単。

もしくは

https://pa-qoo10.com/

に行って「QDLKMA」って紹介コードを書いてくれるととても嬉しい。

 

広告