広告

監獄のお姫様 第1話 – クドカン作品にしてはフックが弱かった

2017年10月25日

満を持して監獄のお姫様がスタートしました。
チョー売れっ子の宮藤官九郎作品・・・。最近は脚本家で視聴率を稼ごうとするんだね。。。

初回はしんどい、という話をしましたが、確か女囚モノってやったばっかりだったような気がしますねえ。クドカンじゃないけど。

ざっくりとした感想としては、クドカンの割に1話の印象が弱かったかも、と思いました。1話脱落組がでそう。
ただし、2話目の予告編が面白そうでした。
だから2話目まで引き止められれば・・・と思います。

よくわからないまま終わった

とにかくザッピングのような場面が多くて見にくかったです。まるで、映画「メメント」のようでした。
パタパタ場面が切り替わって、ちょっと疲れた・・・。

ただ、若社長?(板橋 吾郎…伊勢谷友介)の企みで投獄されている江戸川 しのぶ(夏帆)の冤罪を晴らすために動いてるみたい、ってことですね。

全般に渡って、坂井真紀がちょっとうざかったです 笑
死んじゃってる雛形あきこの生きてる出番はあるのか?

あと、主題歌が安室奈美恵の「Showtime」っていうところは、抜かりがないのね、と思った 笑

クドカンの嫌いな所

クドカン作品はちょっと子供に媚びたような演出が入ることが多いですね。
「何だババアか」と言わせたり、大門 洋子(坂井真紀)を踏みつけていたり。
ああいうのは悪寒が走りますね。面白いですか?私は全然面白くありません。
シンカイジャー?に扮する場面もはっきり言ってシラケました。
誘拐する子供を間違えて、その子供が生意気とか・・・。これ面白いですか?定番すぎて、ね・・・。
あとは、サンジャポを劇中劇で入れ込むやり方も、う~む・・・。こういうの恥ずかしくなっちゃうんですよね。
あと、多分そのうち童貞ネタが入るんでしょう。好きですからね。童貞ネタ。

まとめ

ついこないだの「ゆとりですがなにか」は1話めから強烈でした。それに比べると弱かった。
残念ながら1話めでは面白いところがありませんでした。見直すと分かる作りなのかなあ?
一応2話目の予告編が面白そうだったので、若干盛り返しを期待しつつ・・・

10点満点で5点、ってところかなあ。。。