広告

イオンクレジットのFAX番号を知るのに結構苦労した話~FAX番号ってネットで調べてもわからないんだね

広告

過払い請求の時効が差し迫っている場合、「催告」をして時効を伸ばしておくのがセオリーです。
最近では、いきなり訴訟、っていうのが普通になりつつあるのですけど
(内容証明で請求しても返金はされないので)
時効が近い場合は未だに必要な作業となっています。

催告の方法は?

内容証明で出さないとだめ?

殆どの過払い請求サイトを見ると、第一弾の請求書は内容証明でとあります。
しかし本来は請求の意思があることが伝わればいいだけなので、最悪口頭でも良いはずです。
まあ、口頭だと証拠が難しいので、基本は書類で、となります。
なら、内容証明ですよね~、ってことです。

この催告の書類は、原告側が証明しなければならないので、意外と困難な証拠なのです。
例えば単なる普通郵便で送ったとして、
それをちゃんととっておいて、「たしかに受理しています」なんてことを業者がしても全く得はありません。
ですから極端な話、内容が伝わって無くても、送ったという証明さえあればいいということなんですね。

だから基本は、「内容証明じゃないとだめ」っていうのはやっぱり正しいです。

FAXがまだ生きている理由

内容証明は結構お金がかかります。
手紙一枚の場合で

内容証明料430円 + 書留料430円 + 通常郵便物の料金82円 + 配達証明 310円
= 1,252円

コレだけかかります。
ところが、コレにさらに速達を足しても、絶対に当日には届きません。

ここで、FAX、です。FAXをまだ使ってるのは時代遅れだ、なんていう意見もありますが、
FAXなら一瞬で到達します。

FAXなんて不確かなもの、と思いかけましたが、この一点についてはかなり優位だということですね。

でも、証明は出来ないので、何らかの送信履歴をとっておくとか、それなりに必要になります。
FAXを送ったあと電話して内容をみてもらうとか・・・。

ところが、これ、けっこう大変でした。

FAXの連絡先がわからない!!

イオンクレジットのFAXの番号わかりますか?
ちょっと調べてみるとわかるのですが、全然わかりません。調べてもでてきません。
色々送ってもらって、浜松支店からの封筒にはFAXの番号が書いてありましたので、実際には浜松支店のFAXはわかります。でも、浜松支店で良いのか?

過払い請求の説明サイトはここのあたりが曖昧で、一体何処に催告すれば最適なのか、何処にも書かれていません。もしかしたら、どこでもよくて、単に送ったことさえ証明できればよいのかもしれません。

でも、本来の催告とは、ちょっと違うような気もします。法律の不備のような気もしますけど。

で、結局は、正直に、「催告書を送りたいのだけど、FAXを教えてほしい」と電話で聞いてみました。

浜松支店に電話

東京特別管理センターの電話番号を知らされる
東京特別管理センターにかける

FAX番号を教えてほしい、と言ってみるが、教えてくれない

過払い請求の件だとわかると、電話を回される
しばらくお待ちください、テレテレテレテレレー

「途中までできている履歴を見る感じだと、まだ全然時効にはなってないですよ?」
と言われる。

いやそういうこっちゃなくて、大丈夫と言ってくれるのは嬉しいけど、
保険として催告しときたいんじゃ~

「そうなんですね。正直、催告書を送りたいって言ってくる人は今までいなかったです」
「もちろんFAXはお教えしますし、ちゃんと保存しておきますよ」

で、やっとこさ番号ゲット。

どうやってFAXを送ったか

うちにはFAXがありません。
実は昔のPCSにはモデムが付いていたので、FAXも送ることが出来ましたが、
いまのPCにはモデムが付いていませんので、不可能です。
このあたりの話はまた、次回。。。

広告